主催公演・イベント

  • 主催公演
  • ホールチケット

2019年03月10日(日) 好評発売中

還暦記念・噺家40周年記念

桂 米團治 独演会

華のある上方落語をたっぷりとお楽しみください!

公演概要

開催日
2019年03月10日(日)
時間
開演14:30 (開場14:00)
会場
サルビアホール
主催
安城市民会館(指定管理者 株式会社ケイミックスパブリックビジネス)
後援
安城市 安城市教育委員会

チケット情報

チケット発売日
12月9日(日) 9:00~

※一般販売初日は窓口のみ、電話予約は翌日9:00から
※車イス席は12月2日(日)から市民会館のみで電話受付します
チケット料金
全席指定(税込) 一般   3,000円
           障がい者 2,800円

※未就学児の入場はご遠慮ください
※障がい者の方は証明できるものをご提示ください
チケット取り扱い
安城市民会館  0566-75-1151(9:00~21:00)
稲垣電気商会  0566-97-8181
竹内書店     0566-74-0511
産直センター安城南部    0566-92-1316
でんまぁと安城北部      0566-96-1051
名鉄ホールチケットセンター 052-561-7755
チケットぴあ(Pコード490-325)0570-02-9999

出演者プロフィール

桂 米團治(かつら よねだんじ)

【米團治について】
クラシック音楽に造詣が深く、上方落語とオペラを合体させた「おぺらくご」という新分野も確立。
幅広い趣味を謳歌しつつも、古典落語に対しては純粋な心で向き合っています。
「王道を見失わずに歩む」のが信条。

【略歴】
昭和53年8月
父である桂米朝に入門 芸名 桂 小米朝

昭和53年10月
京都・東山安井 金比羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台

平成 4年
大阪府民劇場賞奨励賞 受賞

平成15年9月~
噺家生活25周年記念落語会にて

全国8ヶ所ツアー「小米朝らくごの世界」を開催

平成17年12月
兵庫県芸術奨励賞 受賞

平成20年10月
五代目桂米團治を襲名。京都南座を皮切りに全国各地で77回の襲名披露公演を実施

平成21年6月
第3回ベスト・ファーザーIn関西 文化部門受賞

平成27年10月
尼崎市民芸術賞 受賞


【趣味】
ピアノを弾くこと、絵を描くこと、モーツァルト・古代史・私的な国際学の研究、神社巡り

【スポーツ】
サッカー、フットサル

【ホームページ】
桂米團治公式サイト http://www.yonedanji.jp/


桂 紅雀 (かつら こうじゃく)

【略歴】
平成7年9月 
故桂 枝雀に入門 

平成8年4月 
京都・東山安井 金比羅会館「桂米朝落語研究会」にて初舞台 

【趣味】
競馬、ビリヤード、映画鑑賞、格闘技観戦、ボウリング

【スポーツ】
剣道二段

【紅雀について】
明るく、脳天気な落語を演じブレイク寸前で止まったまま17年を迎える。
お客様から、“熱演でした”“元気をもらいました”との評判をとっているような気配を少し感じられるみたい。
浅薄な知識で、広く深く、多くを語る事にかけては他の追随を許さない。
特に映画、政治、競馬に関してはその偏った見地から大胆に、かつ、強引に自分の理屈をこねくり回し語る為、辟易している人間が多数出没。
“夢は、マカオで100億円使うこと”と語る紅雀。
芸道でのブレイク前に本人の家計がブレイクしそう。
是非とも彼のブレイクを皆さんで大きなものにして頂きたいものであります。


桂 團治郎(かつら だんじろう)

【略歴】
平成21年4月
桂 米團治(かつら よねだんじ)に入門

平成21年7月
大阪TORII HALL「TORII寄席」にて初舞台

【趣味】
舞台鑑賞、日舞、殺陣

【スポーツ】
サイクリング、スノーボード、ハイキング

【コメント】
米朝一門の最年少ですが、身長は一、二を争います。
でかさのせいなのか、 年齢の割には老けて見られますが、若者らしく元気な落語で、皆様に楽しんでいただけるよう日々邁進しております。
色々なネタを覚えて、いずれは師匠・米團治のような華のある落語家になれるよう努力して参ります。
芝居にも興味を持っているので、落語以外の事にもどんどん挑戦していきたいと思っております。
皆様どうぞよろしくお願い致します。

お問い合わせ

安城市民会館
〒446-0041 安城市桜町18番28号 TEL:0566-75-1151 FAX:0566-75-1152

PAGETOP